【直】
漢字の直の成り立ちは、
まゆに飾りをつけた目で地方を見てまわること。
”L”の部分は、隠れること。
密かに調べて不正を正すこと。




目のつく漢字は意外にたくさんありますね。

目には魔力が宿ると信じられており、目力があるなんてよく使いますが、
そこには本当に不思議なパワーがあるのかもしれませんね。

【飛】
-Fly high-



飛ぶの漢字は、鳥が羽を張って飛ぶかたち。
ゆっくり飛ぶことは、翔という。

なぜ、書に向かうのか?
と、尋ねられる機会があるのだけれど、やらなければならないと、頭で考えるより、
書にいつも夢中になっている自分がただそこに居るだけなんだと思う。

一つ言えるのは、古(いにしえ)から、いつも感性や物事の本質のヒントを学ばさせてもらっていると感じ、
まったくそれが古臭くなく、むしろ新しい発見がある。

飛び立ちたいと、あなたが望むのならば、何処へでも飛んでいけるんだよ、と聞こえた気がした。







@西宮山口町 丸山神社にて

節分は、『季節を分ける』節目の、 とっても大切な日に当たるそうです。

そんな日に、節目にふさわしい、不思議で嬉しい出来事がありました。

不思議だけど、腑に落ちた日。
自分の進む道に迷いがなくなった日。


そんな一日を終え、
前回の作品展で展示した、
「見」を書いた時の気持ちを思い出した。




見るは、目を大きく書いた人の姿。
人が何かを見る、という意味は後でできたもの。
本来、古代文字では、見えないものを見る力、心の眼の意味だ。
わたしたちは、きっと色々なものに見守られ、生かされいるのだと思う。
見守っていてありがとう、を伝える節目の日となった。


【優】


漢字の成り立ちは、
憂(ゆう)は、人が死んだ後、付き合いなどを控えて、
頭に喪章(もしょう)をつけた人が哀しんでいる姿。
その哀しむ人の姿を優という。
また、そのしぐさを真似する人を優という。
哀しむ姿や動作から、やさしい 、まさる、すぐれる、の意味になった。
たくさん哀しみを味わった人だからこそ、
相手の哀しみにも、優しくそっと寄り添えるのかもしれませんね。

お正月の書初めでお世話になった、
クジラマークのセイルクロスカバンで有名なJIBさん。


現在、JIB船坂店ショップ向かいの素敵なアトリエ入ってすぐに、大きな作品を飾って頂いています。
タイトルは、「風」




色々な風を受けながら、そして良い風に乗りながら、皆さんの人生という名の航海が、出発できますように。


機会がありましたら、カバンのお買い物がてら、実物に会いに行ってみてくださいね(о´∀`о)



JIB船坂アトリエ
西宮市山口町船坂310
http://jib.ne.jp/related-bussiness


※西宮北有料道路(盤滝トンネル)が、
2018.4.1から無料開放になるそうです。
西宮市街地から、北部へのアクセスが手軽になりますね( ´∀`)

最近変な体勢で書に勤しんだせいか、
首がガチガチ。
心と身体のバランスに不具合。
メンテナンスの日は必要ですね。

今日は、ご縁あって神戸北区の生野高原にある、
「シルクツリー」さんへ、リフレを受けに行きました。





まるで森に迷い込んだかのような眺め。
オーナーの方が、バリ島がお好きで、どこか異国へ訪れた気分に。

パンパンなフットと、むくんでいた顔へフェイシャルを体験。
要らないものを吐ききった感じの、ふわふわした気持ちになる。




自分に優しくなれていない時は、きっと、身体が悲鳴をあげているんだな、と再確認。

身体を労わらないとです( ´_ゝ`)


それと、前回の作品展での作品を気に入って頂き、シルクツリーさん敷地内の邸宅に、
作品を飾って頂きました。



ステキな囲炉裏のお部屋に
「女たち」



女たちが今にも踊り出し、笑い声が聞こえてくる、
愉しい会話が弾むお部屋となりますように(o^^o)


茶室に
「明」




窓から明かりを取り入れる、大切な方と四季を感じられる空間になりますように。


太陽の光と緑を浴びることのできる癒しの空間に、
作品たちも喜んでいるように感じる。
作品を部屋にセットした際、
お部屋がパッと明るくなった! とおっしゃってもらい、本当に嬉しかった。


作品は出逢ってくださる方が居て、
完成するのだと感じる瞬間。
身体も軽くなり、また制作が出来そうです。

ご縁に感謝。



身体がほぐれると、心がほぐれていく感覚を感じ、
両者のバランスの大事さを再確認(´∀`)




「シルクツリー」さん
英国式リフレクソロジー
https://silk-tree.jimdo.com

餅つきの会と書初め@Jib船坂アトリエ
【風神】'18 -Phoenix-





風は、鳳凰が大空を優雅に飛ぶ、
いにしえで、それを風神とした。
皆さんにとって、新しい年が大きな風を味方に、
大空へ羽ばたく一年となりますように、
祈りを込めて揮毫させて頂きました。

風神を書かせて頂いた際は、素晴らしいドラム演奏とコラボで書かせて頂きました、
ありがとうございます、久家 貴志さん(´∀`=)
書初めに参加してくださった方、ありがとうございました!

思い思いの文字を書いて頂き、
皆さんにとって今年の良き決意表明になれば幸いです。

そして、メインイベントのお餅つき!
よろよろながら、餅もつかせてもらいましたが、臼の真ん中に、ポンッと打つのはなかなか難しいですね。
途中から、お餅を丸める係へまわりました( ´_ゝ`)

つきたてのお餅も、たくさんご馳走さまでした( ´∀`)




後で、Jibスタッフさんにも大作を書いていただきました。
今なら、お買い物に行かれた際、
Jib船坂アトリエ店で作品が見れるかも?!
クジラのマークのカバンをゲットしに、
是非、訪れてみてください。


ジブ船坂アトリエ
http://jib.ne.jp/related-bussiness

昨日は、作品展でもお世話になった、
西宮市山口町フクモナさんで、
お正月らしく、書初めをしました。
来てくださった方々、
寒い中ありがとうございました。
新しい年の始まりに、
今年の抱負など思い思いの文字を書いて頂きました。



午後からはリクエストで、
「集」という字を書きました。






古代文字で集は、
鳥が木に止まって集まっている姿です。
むかしは、三羽の鳥と木を表していました。
皆さんのところにも、福がたくさん集まりますように。
お世話になった方々、
ありがとうございました( ´∀`)

和紙の源流は、福井の越前と言われている。
そこから、全国へ紙漉きの技が伝わった。

兵庫県西宮市で和紙の有名な場所がある。
北部のJR西宮名塩からほど近い、名塩和紙。
雁皮(がんぴ)紙で有名な、谷徳製紙所さんへ、
春に引き続き、再訪問した。

むかしから名塩和紙は、耐久性に優れ虫食いしないので、襖の間に合い紙や、
泥で色付けされていたので偽造しにくいとの評判で
藩札として用いられた。
一枚一枚丁寧に職人が手漉きする和紙は、
工場で大量生産という訳にはいかない。
名塩和紙の素晴らしさを世に広めたい、
きっと間違いなく、素晴らしいものだが、
需要と供給のバランスもある。
世に伝えたい想いの裏腹に、
漉き手の人材不足も深刻のようだ。

和紙と言っても、原料やその土地の水が合間って、
個性がある。
名塩和紙は、自生する雁皮や泥といった
六甲山系の山々が育んだ自然素材から生まれる。
そして、和紙に混ぜられている泥色は
長い年月を経て生成された非常に安定的な大地の輝きだ。 どれも地へ還る素材。
"わたしたちの住む土地の行き移し"


伝統とは、なにか技を継承される人たちの話ではない。

わたしたちの暮らす町を大事にする、
それが根底にあってこそなのかもしれないと感じる。

わたしにとってまだまだ知らない和紙世界、
それを大切に、時代の変遷に遭いながら、
後世へ伝統の技を紡ぐ人たちと、
それを愛する人たちがいる。

それは、他ではない…
あなたにも出逢ってほしいです。
今年は、和紙の源流である「越前和紙」、
自分の住む西宮の「名塩和紙」、
どちらの作り手の方ともご縁を頂いた。
伝統を伝える若い世代の、
やさしくてカッコイイ方達。
和紙は書画用以外にも、
お家の壁紙として生かされたり、
自然素材を大切にしている、
同い年の内装の職人さんともご縁がつながる。

来年は、それぞれの和紙の良さを生かした作品を制作の年となりそう。
気になった方は、色々とワクワクした企画を考えているので、
応援宜しくお願いしますm(._.)m

ご縁を頂いた、伝統を守る職人に敬意を払い、
魂のこもった貴重な和紙、
わたしなりに向き合いたいと
決意を新たにした師走でした( ´∀`)








【明】


「明」という漢字は、
古代文字で、窓と月の形から成る。
電気のなかった時代、月の明りを窓から取り入れ、
夜を過ごしていた。
また、神様を迎え入れる意味がある。
前回の作品展でのフライヤーにも使用したこの作品が、
とっても素敵な方のお家へ、昨日お嫁に行きました。
出会いに深く感謝。
思い入れの深い作品が旅立つと、嬉しいのと切ないものですね。
ご縁のあった先で、あなたの存在が誰かの助けとなりますように、
そして深く愛されますように。

心を込めて。


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM