【さくら】-Sakura-
上の方もきれいだけどさ、
幹の間で健気にチラッといる君が好きだな

【令】


新元号のニュースで賑わった週でしたね。
書家が「令和」を達筆にSNSに投稿していらっしゃったのを拝見するのですが、
なんだかそれは芸がないので…(失礼)
では、わたしらしく漢字のルーツをご紹介(^^)

令の漢字の成り立ちは、儀礼の際に被る礼帽をつけ、
跪いて神のお告げを聞く人の形。
つまり、神さまの命令を聞いている人、神の命令。
「命」も同じ意味から派生しています。
わたしたちは誕生する際に、何かの使命を与えれ、この世に現れます。
その考えが「命」の漢字のルーツです。
命の中にある口は、サイと言って神のお告げが入った器の形です。


わたしの宿命は、この古代文字の意味に出会うことだったのかもしれません。
んん〜〜むず深い。

【森】-Forest-


木が三つで、森。
日本語の「もり」は、万葉集では「神社」を意味しており、
むかしは、林の中にある神社のある地を指し、
人と神が相接するところと考えたそうです。
先日、西宮市山口町にあるレストラン、アリスさんへ。
テラス席をお借りして、お外で筆遊び♪
外にある景色から古代文字を探して遊んでました。
文字って自然の中から生まれて、
私たちと一緒で呼吸をしている。
そんな感覚をこの場所では実感できます。



クジラのマークのセイルクロスバッグのJIBさん。
JIB芦屋店さんで、「桜」の作品を飾ってもらってます。
サクラ色のカバンやバッグの近くにちょこんと置いてもらってます。

桜の季節のみのディスプレイです♪


今日は、川西にあるお寺の敷地の里山で、遊んできました。
はじめましての子ども達にまじって、
オトナも里山では子どもなんだなぁ。
木の枝を拾って来て、どちらが長いか比べたり、
葉っぱや松ぼっくりを拾って握りしめて、ニヤッと笑う。
森の中は、見るもの見るもの宝だらけ。
静かにして耳を澄まして、鳥や生き物を感じた。
雨が降ってきて雨音に混じり、鳥の鳴き声がした。
生き物と自分の存在を感じた。
緊張して言葉を発さなかった子どもが、山に入るとイキイキし出す。
女の子がノウタケを見つけたのだと教えてくれた。
触ってみると、フカフカ、ぷにぷに面白い。
田舎での幼少時期を思い出して、服の汚れるのも気にせず遊びました。
5月は、里山で書道をしたいと思います。
里山で五感を使って、今を味わえたらステキだなぁと計画中です。
また分かり次第告知します(о´∀`о)













【明】-Bright moon-



心を明るくしてくれる空間には
わたしなりの「明」を伝えたくて

ここは西宮市北部の船坂
せわしない街から離れた森の中
癒しの森のAliceさん

http://www.garden-alice.com

不思議の国に迷い込んだような
なんだか時間の流れが違っている










春浅き、蕾の季節
お庭には
裸木がふくよかな姿で佇み
派手さはないが
ごまかしのきかない季節
主人が庭で
春の支度をしている
大切な季節


この季節に
作品を一緒に愛でて頂けたら
嬉しいです

わたしの大好きな「明」の
漢字の成り立ちは、
窓と月の形
いにしえに、丸い窓から月明かりを取り入れて過ごす
神様を迎えいれる、という意味もある
アリスさんの店内スペースに置いてもらってます
ありがとうございます( ´∀`)

-Little artists -
最近開催できていなかったし、
また書のワークショップをしたいなと思っている





昨年に、西宮市船坂の自然の中で行った時の思い出
大きな筆を持って目を輝かせ夢中になる
子ども達の感性が忘れられなくて

五感を使ってのびのびと
外で自由に書くのもよし!

オトナもコドモも関係なく、
自分の書きたいように、
人に評価されることを気にせずに
自分を解放する時間

私があれこれ用意していっても
結局は、
参加してくれた方々のエネルギーと、
包み込む周囲の環境のスパイス次第
あ〜やっぱり書くって面白いよなぁと
こちらが力を頂く

創作を売りにする、書家や書道教室も増えたけど、
本当の意味で好き勝手になんて書かせてくれないし、
皆もお手本が欲しいよね

でも手本って、自然界にあるの
先人もお手本は象形だから
幼い私が欲していた
表現することの楽しさが伝わるような

そんな時間を創りたいなぁ( ´∀`)

【生きて】-ikite-

ひとりで生きてるんじゃ
ないっつーの
なんて朝から頭でぐるぐるリピート

この枯葉の重なりを見て教わる

わたしたちも
ありがとうを重ねて
今日も生きてるんだよね


忘れがちな四季への
感謝の気持ち

枯葉も愛でる間に
桜の季節も近いね

色々な想いと共に
作品のオーダーを頂く

先日は、沢山の出来事を乗り越えて、
「これからの人生をまた再出発したい」
そんなこれまでの経緯を伺いながら、
オーダーを頂いた
こちらも奮い立つ想いだ
人は節目に、誰かにそっと背中を
押してもらいたい
明確な答えは自身の手の中に
あるんだけれど
社会と繋がっていることを
誰かと繋がっていることを
感じたい日がある
そんな方々へ「書」を通して
応援できることに感謝だなぁ



昨日は雪な一日だった
無邪気に半紙に書いた字を玄関先に持っていったら…
一瞬で紙はびしょ濡れ
当たり前か(笑)

【生】-Growing plants-
先月、お嫁に行った作品。



秋に展示していたものでした。
先月たまたま、サンプルとして持って行った先で、
一目惚れに近い形で、旅立っていきました。
初めてお会いした、素敵な若い女性が気に入ってくださいました。
「ビビっときました!」
と言ってもらい、こちらも嬉しかったなぁ。
「生」の漢字の成り立ちは、植物が育つかたち。
まさに植物が生きる形です。
少しずつ自分という「生」を育てていきましょうね。


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM