-Little artists -
最近開催できていなかったし、
また書のワークショップをしたいなと思っている





昨年に、西宮市船坂の自然の中で行った時の思い出
大きな筆を持って目を輝かせ夢中になる
子ども達の感性が忘れられなくて

五感を使ってのびのびと
外で自由に書くのもよし!

オトナもコドモも関係なく、
自分の書きたいように、
人に評価されることを気にせずに
自分を解放する時間

私があれこれ用意していっても
結局は、
参加してくれた方々のエネルギーと、
包み込む周囲の環境のスパイス次第
あ〜やっぱり書くって面白いよなぁと
こちらが力を頂く

創作を売りにする、書家や書道教室も増えたけど、
本当の意味で好き勝手になんて書かせてくれないし、
皆もお手本が欲しいよね

でも手本って、自然界にあるの
先人もお手本は象形だから
幼い私が欲していた
表現することの楽しさが伝わるような

そんな時間を創りたいなぁ( ´∀`)

【生きて】-ikite-

ひとりで生きてるんじゃ
ないっつーの
なんて朝から頭でぐるぐるリピート

この枯葉の重なりを見て教わる

わたしたちも
ありがとうを重ねて
今日も生きてるんだよね


忘れがちな四季への
感謝の気持ち

枯葉も愛でる間に
桜の季節も近いね

色々な想いと共に
作品のオーダーを頂く

先日は、沢山の出来事を乗り越えて、
「これからの人生をまた再出発したい」
そんなこれまでの経緯を伺いながら、
オーダーを頂いた
こちらも奮い立つ想いだ
人は節目に、誰かにそっと背中を
押してもらいたい
明確な答えは自身の手の中に
あるんだけれど
社会と繋がっていることを
誰かと繋がっていることを
感じたい日がある
そんな方々へ「書」を通して
応援できることに感謝だなぁ



昨日は雪な一日だった
無邪気に半紙に書いた字を玄関先に持っていったら…
一瞬で紙はびしょ濡れ
当たり前か(笑)

【生】-Growing plants-
先月、お嫁に行った作品。



秋に展示していたものでした。
先月たまたま、サンプルとして持って行った先で、
一目惚れに近い形で、旅立っていきました。
初めてお会いした、素敵な若い女性が気に入ってくださいました。
「ビビっときました!」
と言ってもらい、こちらも嬉しかったなぁ。
「生」の漢字の成り立ちは、植物が育つかたち。
まさに植物が生きる形です。
少しずつ自分という「生」を育てていきましょうね。

今日は、十日えびすの残り福。
開門神事「福男」で有名な、西宮神社で行われた、芸能鑑賞のお手伝い。

人形芝居えびす座の「えびす舞」の見習いをやっております。

えべっさんのドヤ顔をドンッ!


ちなみに、えびす様を「えべっさん」というのは、関西だけ?
親しみを込めて、そう呼びますね(´ω`)

海に見立てた、青い風呂敷を持っているのがわたし。
西宮浜の役の見習いなわたしです。笑

今回、少しお人形を触らせてもらって気づいたのは、手や指使いの難しいこと。
簡単そうに操っていますが、本当はすごく難しい。


人形と遣い手が一体となって演じるには、鍛錬が必要なんです。
ちなみに、人形芝居のストーリーは、えびす様が鯛を釣って参拝の皆様へ福分け。
公演後は、鑑賞して下さった方との交流もしますよ〜。
見習いのわたしが握手や写真撮影のサポートをしました。
皆さん、ニコニコえびす顔でこちらも嬉しい♪

ご奉仕後の、多幸感と心地よい疲労感が好きなんですよ。


ちなみに、人形芝居えびす座の公演は、毎月十日に西宮神社で十日参りとしてご覧頂けますので、要チェックですぞ。

さて今日は、西宮神社でご奉仕だったので神の字の語源を紹介。
神は、「稲妻」のかたち。


天にいる神が、神の威力を現した姿。
稲妻を見て、神様が何かおっしゃってる!
とメッセージとして捉えたのでしょう。
稲妻は、屈折しながら、斜めにはしるもので、
「のびる」「もうす」の意味に転じました(´ω`)
山の神様も同様、自然神への信仰は今も名残がありますね。
全てに「神」が宿るという考えなのかもしれないです。
だから、「言霊」信仰も同じ。
発する言葉は消えずに残り、己に返ってくるのなら、
たくさんの「ありがとう」を発したいと思うわたしでした、
なんてカッコよく締めてみる。笑

お正月は、二箇所で書初めイベントをさせて頂きました!


昨日は、 西宮の北部にある
JIB 船坂アトリエさんにて餅つきと書初め。
昨年の「風」に引き続き、
今年のわたしの一文字を飾ってもらいました。
「挑」に決定!
たくさんの支えがあり、次に挑戦できる。
そんな気持ちを忘れずに。
「感謝と挑戦の一年」を掲げました。
夢中に挑んでいきたいですね。
機会があれば、見てやってくださいね(´ω`)


My New Year's resolution is "Challenge"
All I can do is give it a try.

家を片付け、発見した硯ちゃん!
こちらは、唐硯(とうけん)。
中国のメジャーな一品です
ちなみに、日本の硯は、和硯(わけん)と言うのよ( ´∀`)


歙州硯(きゅうじゅうけん)という硯で、 眉子紋(びしもん)という紋様。 なめらか!
10代肌のように、ツルサラな表面!
松煙墨のちょっとええ墨をおろしたいと思います。

美 -belle-

時代により、「美」の概念は変わる
流行りの髪型や装いも変化する
美の漢字の語源は、オトナの羊
神様のお供えに相応しい、立派な見栄えの羊
神への捧げ物がきちんと供えられ

神様のために祈り
その日を生きる
わたしたちの考える美とは…?想像するものとかけ離れているだろう


美しい容姿?
美しい景色?
美しい…

タイムマシンがあって、古代人が現代の美に触れると、
どんな風に思うだろう?



以前、ドラマであったような
時空を越えて人が昔の時代にタイムスリップするような
そんなテーマで作品展もしたいなぁなんて想像しながら(´∀`*)


さて、 あなたにとって美とは?

冬らしくキュッと冷える1日のはじまり。
耳あてが恋人の、里山の朝。
子どもたちは、仲良く手をつないで登校する。
わたしが小学生の頃は、よく雪が積もって、
スキーウェア着て学校へ行ったもんだ。

さてさて「冬」の古代文字は、

↑こんな形よ。
あんらまぁ、シンプルだわ(´∀`*)


編み糸の末端を結びとめた形。
おわりのこと。
わたしの冬はコタツに入り、冬眠も近し。






いつもお世話になっている
西宮市山口町のカフェ
フクモナさんで、「明」を飾ってますよ。







テラスで紅葉を眺めながらのんびり…

といきたいとこだが、 でも今日は冷え込むから中へっ!


暖炉がいい感じの季節。
おぉぉ、ほっこりぃぃ(´∀`*)


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM