【明】


「明」という漢字は、
古代文字で、窓と月の形から成る。
電気のなかった時代、月の明りを窓から取り入れ、
夜を過ごしていた。
また、神様を迎え入れる意味がある。
前回の作品展でのフライヤーにも使用したこの作品が、
とっても素敵な方のお家へ、昨日お嫁に行きました。
出会いに深く感謝。
思い入れの深い作品が旅立つと、嬉しいのと切ないものですね。
ご縁のあった先で、あなたの存在が誰かの助けとなりますように、
そして深く愛されますように。

心を込めて。

【星の古代文字】
-Stars of satellites in the sky-


旧字体は、「晶+生」から成る。
星の象形と草が生えでる形。
キラキラした星たちが夜空で力強く輝いている。
草花の力強い生命力を、星たちに重ね合せる。

生まれた場所は選べないから、
置かれた場所で咲きなさい、
と誰かが言うならば、
広い夜空でのびのびと咲き乱れようではないか。
今日も皆さん行ってらっしゃい(^ ^)

墨は、主に菜種、胡麻、桐の油を燃やして採った煤(すす)と、
動物の骨から採れた膠(にかわ)を混ぜて、
ひとつずつ手間暇かけて、職人さんが手作りしている。

そんな伝統を400年以上守り続けている、
奈良の「古梅園」さんへ。

愛用の墨の購入を兼ねて、
念願の古梅園さんの製造過程を見学した。

今の時期は、にぎり墨体験ができる。

煤と膠と香料をまぜ、練った柔らかくて温かい墨を、
職人さんから渡してもらい、にぎって、自分だけの墨を作れる。 今は、膠や煤となる木など原料の調達も難しい。
職人の手作業の繊細な仕事は息を飲む。
時代の変遷がありながらも、
技を受け継ぐ人がいて守られる伝統。
そして、使い手は墨職人の感性を頂き、
大切な人への文や、書画作品が世に生まれるのだ。

より一層、大切に使わせて頂こうと感謝をし店を後にする。


こぼれ話だが、墨をこねる職人さんの手は真っ黒。
昔は、墨を落とすのに、〈ウグイスのフン〉を使うとよく取れるという。
今は、なかなか野鳥のウグイスもおらず、手に入らないようだが、試してみたいものです(´∀`*)


墨のルーツや歴史にも触れられる場所、
是非訪れてほしい素敵なところ。一度訪れてみてはいかがでしょうか_φ(・_・
















にぎり墨体験(11月〜4月末まで)
自分だのオリジナル墨ができます。
この後、一カ月ちょっと乾燥させ、後日自宅へ郵送してもらえます。

※予算:4,000円〜その日の墨玉のクオリティにより変動。


株式会社 古梅園
所在地:奈良県奈良市椿井町7番地
営業時間:月〜金 9:00〜17:00 
土日祝定休 
TEL:0742-23-2965
FAX:0742-27-1278
近鉄奈良駅から徒歩6分
JR奈良駅から徒歩10分

「遊」は、
神が自由に飛び回る姿が字の由来だ。
各地を飛び回り、土地の神へ会いに行っていたと言われる。

スポーツもそうなのかもしれないとふと思う。

〈sport〉には、「戯れ」という意味がある。 山登りなど、修行とされる行でさえも、楽しみに変えてしまう心をいうのかもしれない。
遊びというのは、きっと命がけ。
今日もあなたらしく、全力で遊ぶ。
そうすれば、神もきっと微笑んでいるかもしれない。


久しぶりに、
地元の大山へ帰省しています。
ここ数日は冷え込み、大山登山口は雪。
紅葉の上に雪がちらつく。
今まで気づかなかった四季を感じる。








自然の佇まい
グラデーション
多様な表情
学びな日でした。

漢字の成り立ち、

「会」

旧字体は、會で、ちょっと難しいですね。



実は、蓋のある鍋。
上の部分は、蓋のかたち。
真ん中の部分は食べ物を煮炊きする鍋のかたち。
下の部分は、それをのせる台のかたちで
鍋にフタをして煮炊きする。
色々な食べ物を集めて、ごった煮しているので、
「あつめる、あつまる、あう」
に成ったと言われています。

寒くなってきたので、コトコト煮た鍋で温まりましょ(´∀`*)

【仁】
漢字の成り立ち


人の横の形と、敷物。
人が敷物の上に座る様子から、
あたたかさを連想させ、転じて、
おもいやりの心、いつくしみの意味に
使われるようになったと言われています。
なんだかほっこりするような形です(o^^o)

今日は誘っていただき、
未開拓地の三田エリアへ。
素敵なギャラリーのご紹介。

志zukiさん。


入り口の錆びた銅板を見て、
面白い場所だと、ピンッと来る。






お目当ては、本日最終日の、和紙を使った作品の、 ハタノワタル展。
絵画は、土などを取り入れ独特な質感に、息を飲む。
絵画は、生で見ないと伝わらない質感だったので、撮影は自粛。
プレートは作家さんの作品の一つ。



ギャラリーの隅から隅まで、
どこを取っても遊び心と感性のキラリと光る空間に、ため息。
非現実的なのに、どこか温かい。

もっともっと突き詰めて、
進化していく。
でも忘れてはいけない、

あなたは、あなたのままでいいのだ。


と、作品からメッセージを頂いた気がする。


ハタノワタルさん
https://www.hatanowataru.org


うつわ
志zuki
〒669-1321
兵庫県三田市けやき台5-19-12

【豊 Rich Harvest '17】
豊とは?
穀物が溢れんばかりに、
脚の高い器に盛られた姿。
実りの季節に、この字が生まれた。

作品展「The Harvest Moon」閉幕。

開催中の、二週末とも台風に見舞われた、
作品展となりましたが、無事に終了いたしました。
実りの季節には、雨や雷が多いもの。
収穫祭をテーマにした、
今回の作品展らしいな、、と納得しました。
観に来て下さった方、応援して下さった方、
たくさんの方に本当に本当にお世話になり、
ありがとうございます。
今後も精進いたしますので、
宜しくお願いします!




My solo exhibition had finished.
l really appreciate your kind support.

☆福市@フクモナ☆
〜マルシェイベントのお知らせ〜
現在、作品展中のフクモナさん店内で、
土日にワークショップします。 そのほか、お菓子や雑貨の販売など盛りだくさんイベントですので、
お時間許す方は是非(´∀`*)



28(土)
【古代文字であそぼう】
漢字のご先祖さまである、古代文字を書いてみましょう。
漢字の成り立ちを知って、字の持つストーリーや不思議に触れてみませんか?
手ぶらでオッケーですヨ。
費用:500yen



29(日)
【筆とハンコであそぼう】
消しゴムはんこ作家さんとコラボ!
はんこと書で、自分だけのオリジナルポストカードを作りましょ。
消しゴムハンコはご希望の方は、
別途費用で、自分でハンコも彫って持って帰れます♪
費用:1,000yen
※希望者のみハンコ作り体験:別途600yen
作品展も開催しておりますので、
お気軽にお越しください♪

http://fukumona.com


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM